古文学と園原

源氏物語に登場する園原の帚木

 

 園原には『帚木』(ははきぎ)といいう木があります。遠くからは帚の形をした大きな木に見えましたが、近づくと見えなくなってしまうという不思議な木でした。

 源氏物語では、光源氏と空蝉(うつせみ)がこの帚木を使って恋歌を交わし、源氏物語2巻「帚木」と巻の名が付けられました。

 

 

 

 帚木の心を知らで園原の

道にあやなく惑ひぬるかな

光源氏

 

数ならぬ伏屋に生ふる名のうさに

あるにもあらず消ゆる帚木

空蝉

 

 

 

 

 

 ※帚木は残念がら昭和33年の台風で倒れ、

今は幹のみ残っています。

 

「はゝき木館」は、この帚木を名前の由来としています。