企画展示



熊谷元一は、1909年会地村(現 阿智村)生まれの写真家・童画家です。

 

1934(昭和9)年にカメラを初めて手にして以来、2010(平成22)年に101歳で亡くなるまで、この地域の人々の暮らしを撮影してきました。 教員をしながら村に暮らすアマチュア写真家だからこと撮れた「記録写真」は、全国的にも稀有な存在です。同時に、郷土の貴重な記録となっています。

 

今回の展示は「熊谷元一は何を撮影してきたか」がテーマです。初期に発行した4つの写真集とその後の撮影写真から、熊谷元一の視線の向け方を探ります。

 

◎期間 2020年12月12日(土)~2021年1月31日(日)

 

◎時間 9:30~16:30 

 

◎休館 火曜・12/29~1/5

 

◎観覧 無料